1970年代および1980年代のパソコン

コンピュータは、開発当初は非常に大がかりなものでしたから、個人が所有したり使用したりするのは、サイズ面でも価格面でもまずもって不可能な話でした。

パソコンで4Kディスプレイを使う

4Kディスプレイは、画像を構成するディスプレイパネルのドット間の境界がほとんど見えず、4K映像はもちろんのこと、フルハイビジョン画質の映像を映しても非常に綺麗に見えます。

パソコンで高音質の音楽を聴く

パソコンで音楽を聴くといえばCDを鳴らすことが多かったのですが、各ネットワークサービスではパソコンにダウンロードして自由に聞けるサービスも増やしてきています。

徐々に特殊化していくパソコン

パソコンが出来る前には大学や企業にある大きなコンピューター、汎用機とかオフコンと呼ばれるものをみんなで使っていたわけです。