1970年代および1980年代のパソコン

コンピュータは、開発当初は非常に大がかりなものでしたから、個人が所有したり使用したりするのは、サイズ面でも価格面でもまずもって不可能な話でした。