pcの組み立てに必要なもの

pcを自分で組み立てる自作は、ケースやパーツが自由に選べる魅力があります。

パーツは規格に沿って作られているので、互換性のあるパーツを組み合わせる為の知識は必要不可欠です。しかし、pcの組み立てそのものは案外ハードルが低く、プラモデルを作り上げた経験がある人ならそれほど難しくないと思われます。組み立てに何が必要かといえば、pcパーツ一式の他にドライバーや手袋など、身近にあるもので揃います。作業における注意点はありますが、肩肘を張らなくても大丈夫なので、興味を持ったら初心者でも挑戦可能です。

pcの組み立てに必要なパーツは、土台となるマザーボードを筆頭に、頭脳にあたるCPUと短期記憶のメモリー、そして長期記憶に相当するSSDやHDDです。これらのパーツには電力を供給する心臓が不可欠なので、全ての電力を賄える容量の電源も加えます。ゲームをする予定ならグラフィックボード、ブルーレイを見るならブルーレイドライブも追加します。

後は全てのパーツを収めるケースを用意することで、必要なものは一通り揃います。組み立て作業に入る前は、各pcパーツの役割を簡単に覚えておき、接続するケーブルの役割を理解することが大切です。ケースの何処にパーツを収めるかも含めて、事前に頭の中でシミュレーションをおすすめします。パーツに不足がないかチェックしたら、いよいよ両手に静電気を防ぐ手袋をはめ、適度な長さのプラスドライバーを手に持って準備完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *