pcを組み立てる順番

パーツを組み立てケースに収めるpcは、その順番が作業効率を左右するので、確認してから作業に入ることが大切です。

最も大きな基板のマザーボードは、pcの土台となるパーツですから、これを最初にネジで固定します。ただし、ケースに接触するとショートするので、組み立ての際には必ずスペーサーの取りつけが必要です。マザーボードを固定したら、次はCPUのソケットを説明書通りに開き、向きを合わせてCPUをセットします。CPUの表面には必要に応じてグリスを塗り、クーラーを取りつけて第1段階の終了ですが、水冷なら後回しにしてもOKです。

配線の順番は人それぞれ違いますが、ストレージやボード類を固定して、それから電源やデータ用のケーブルを接続するのが基本です。裏配線を行う場合は、長さが足りずに届かないことがあるので、予め長さを測り設置場所を決めるのが得策です。マザーボードに接続する電源コネクタは、各パーツをセットしてからだと接続しにくくなるので、最初に接続しておくと後が楽です。

pcの組み立てにおいては、細かいパーツや狭い場所の配線を先に済ませた方が、後々の作業が効率的に進められる傾向だといえます。ストレージ用の配線コネクタや、メインメモリーは接続が容易ですから、順番を後回しにしても問題はないと思われます。ケーブル類の結束や固定はその都度行い、作業性を確保しながら1つずつ作業を進めるのが、pcの組み立てにおけるミスを避ける為の重要なポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *