通信関連機器の不具合はpc電源の容量不足かも

pcの調子がおかしいときに電源の容量の確認をしてみてはいかがですか。

通信関連機器でよく見逃されるのがpc電源です。ユニットがあり、マザーボードやHDDやDVDドライブなど各パーツに電力を供給するための機器です。パソコンが作業を実行するには電力が必要で、容量に応じた電源を確保しておかないと全体の動きがおかしくなるのです。最近のpcはゲームをしたり高度なグラフィックボードを搭載すると、すぐに容量が足りなくなります。決められた容量の半分位の消費量で最も調子がいいと言われています。エコに使用したければ容量を考えて通信関連機器の電力出力に無理がないようにすることが大切です。

ただし、通信関連の資料によると電源ユニットの容量には定格以外にピークという設定があり、定格500Wでも550Wなら突入電力が500wを超えていても大丈夫なように設計されています。一概に高負荷時の消費電力の2倍がいいわけではなく、余裕を持ちつつも無駄に大容量にしないほうが効率よく動くことも確かです。

目安としては、CPUとグラフボードの最大TDPを合計して500Wを超えるようであれば容量が足りないと考えたほうがいいです。その場合は増設して高い電力が確保できる電源ユニットに交換する必要があります。このように日常あまり気にすることがないケースですが、㍶の動きが緩慢になってきたときには交換する時期にきていることが多いものです。最初から600W程度のものを搭載するのもトラブルを回避する方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *