パソコンを安全に廃棄する方法

パソコンにはHDDと呼ばれる様々なデータを保存しておくパーツが搭載されています。

HDDにデータが残った状態で廃棄してしまうと、内部に保存されているデータが抜き出されてしまったり悪用されてしまう事もあります。安全にパソコンを廃棄したい場合にはHDDからの情報やデータの流出を防ぐ必要があります。HDDからの情報やデータの流出を防ぐ方法として一番簡単なのは、フリーソフトや有料ソフトなどのデータ削除ソフトを使う方法です。この方法であればソフトで削除を行う範囲の設定などを行えば、自動でHDD内に保存されているデータを削除してくれるのでとても簡単です。

ソフトが自動で全てのデータを削除するので専門的な知識なども不要です。ただし使用するソフトによってはデータを復元する機能がついていたり、完全なデータの削除ではない場合もあるので注意が必要です。一番安全な方法として物理的にHDDにアクセス出来ない状態にするという方法もあります。

この方法の場合にはパソコンを廃棄する前にHDDだけを抜き取って保存したり、HDDを物理的に破壊する必要はありますが、その分情報やデータは流出しません。ソフトで削除しただけではまだ完全に削除されていない場合や不完全な場合も多いですが、物理的に破壊する方法なら内部のデータをまとめて完全に削除することが可能です。物理的にHDDを破壊するのが難しい場合でも、廃棄前にパソコンからHDDだけを抜き取ることでデータの流出を防げます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *