パソコン廃棄の前に個人情報の流失対策をしよう

パソコンには大量の個人情報が詰まっています。

ごく普通に利用するだけでも大量のデータが自然と保存されていく物であり、私的な画像や動画が数え切れない程、気づいたら溜まっていたと話す人々も少なくありません。パソコンを廃棄する際は個人情報の流失に気をつけましょう。近年個人のパソコンからプライバシーが漏れてしまうトラブルが相次いでいます。私的なデータや重要な情報が悪者の手に万が一渡ってしまったら大変です。

詐欺被害や脅迫などの事件に巻き込まれるリスクとなりますので、使い終わった不用品を廃棄する前に対策をしなければいけません。対策の方法は色々とあります。第一にデータ処理ソフトを活用する対策があり、廃棄する前にパソコンのHDDのデータの上にアトランダムなデータを大量に上書きする事で個人情報の流失を防ぐという手段です。

ソフト代が必要ですが、その代わりに完璧にHDDのデータをデジタル的に破壊出来ます。仕事の機密データや私的なファイルが大量にある方におすすめです。次にパソコン自体を物理的に破壊する対策があります。廃棄する不用品であれば物理的に壊してしまっても問題はないでしょう。コンピューターのデータは本体内部に搭載されたHDDにすべて保存されています。要するに本体を解体し、HDDを取り出してそれを破壊すれば個人情報の流失は未然に防げます。ただ解体には専門的な知識と工具が必要であり、少しライトユーザーには敷居が高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *