パソコンで高音質の音楽を聴く

パソコンで音楽を聴くといえばCDを鳴らすことが多かったのですが、各ネットワークサービスではパソコンにダウンロードして自由に聞けるサービスも増やしてきています。

パソコンで音楽を聴く際に注意したいのがスピーカーやヘッドフォンです。デスクトップパソコンの場合、音楽デバイスに力をいれている機種もありますが、一般的にはある程度聞こえるレベルのデバイスであることが多いです。そのため、スピーカーやヘッドフォンをどれだけ良くしても一定以上の音源はうまく聞こえてこないということが良く起こります。そこで音楽ファイルがハイレートな音源であり、綺麗に聞きたい場合には追加の音源デバイスの利用が必要です。

このようなデバイスは内蔵させるタイプとUSBで接続させるタイプがあります。使い勝手の良さではればUSBタイプです。このデバイスではヘッドフォンやスピーカーを繋げる端子が用意されることが多く、音質を調整する機能も付加されていることがあります。デバイスを良くしたら次に音楽ファイル自体にもこだわりたいものです。

現在、ダウンロードできる音楽の多くは128hz程度で作成されていると言われています。CDが44.1hzなので十分きれいな音質なのですが、ハイレゾと呼ばれる音楽ファイルも提供が始まっています。ハイレゾは256hz以上で作られている場合が多く、実際にスタジオで録られた音質に近いデータが再生できると言われており注目されています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *